セリフが入ります

温水和彦

梅田修一朗

高校1年生。ライトノベルを愛読しており、新刊のチェックは欠かさない。友達は一人もいないがそれを憂うこともない、達観系のぼっち。趣味は水道水の味の違いを楽しむこと。

セリフが入ります

八奈見杏菜

遠野ひかる

和彦のクラスメイト。明るく愛嬌のあるクラスの人気者だが、ちょっと抜けている一面がある。天井知らずの食欲を持つ食いしん坊。幼なじみに長年の片想いをしているが……?

セリフが入ります

焼塩檸檬

若山詩音

和彦のクラスメイトで陸上部のエース。いつも元気いっぱいで天真爛漫な性格。走ることが大好きで、勉強はちょっぴり苦手。頭の良い幼なじみに淡い恋心を抱いている。

セリフが入ります

小鞠知花

寺澤百花

文芸部に所属している1年生女子。引っ込み思案な性格で、人としゃべるのが苦手。和彦と同じく友達がいない。文芸部の先輩たちには心を開いており、その視線の先にはいつも……。

セリフが入ります

温水佳樹

田中美海

和彦の妹で中学2年生。全てをそつなくこなすパーフェクトな妹だが、多少ブラコン気味なのが玉に瑕。大好きな兄のことを自ら「お兄様」と呼び、兄のこととなると歯止めが利かなくなる。和彦に友達が出来ないことをとても心配している。

セリフが入ります

月之木古都

種﨑敦美

文芸部の副部長で高校3年生。部長の玉木とは幼なじみ。BL小説が大好きで、妄想を巡らせて小鞠と意気投合する場面も多い。人当たりがよく部をまとめているしっかり者。

セリフが入ります

玉木慎太郎

小林裕介

文芸部の部長で高校3年生。副部長の古都とは幼なじみ。小説投稿サイトで自分の作品を連載している。面倒見がよく、後輩の小鞠のことをよく気にかけている。